狂犬病予防接種を終えて

連休最終日5/6、ミシェル家にとってGW最大のイベントが待ち受けていました。

ミシェルの「狂犬病予防接種」です。

小さい頃から病院は苦手だったし、待合室では震えて泣いていたけど、
予防接種はいつもジッと我慢してうけていました。

まさかまさか、病院に行くこと自体がこんなにも大事になってしまうなんて…
ママは予想してませんでした。

獣医さんや病院のスタッフの方々にご協力頂いて通院トレをし、
行動科の獣医さんの沢山のアドバイスに従って、
日常では「ミシェルが楽しい!嬉しい!」と感じる経験を積むことに
重点を置いて過ごしてきました。

たくさんの方々にお世話になり支えていただいて、
吠えまくることも、ガタブルになることもなく、無事接種を終えました。
心からお礼申し上げます。

DSC01786.jpg

帰宅後、パパがポツリと一言。
「精神安定剤を飲んであんな風になった時は、今後(通院は)どうなるのかと思ったね…」

あんな風という様子はこちら >>> 精神安定剤がもたらすリラックスとは?

診察室に入っただけでパニックになり、大騒ぎになった2013年の年末。
鎮静剤をうって診察をうけるミシェルを見て
「これから先、どうなってしまうのだろうか…」と途方にくれました。

あれから4ヶ月。
予防接種なんてパピーでもうけるものだけど、
ママはまた一山を越えた手ごたえを感じます。


行動科の獣医さんは犬のプロです。プロ中のプロ。
その獣医さんは、ママの話に耳を傾けてくださいます。
ミシェルの行動だけを見て、ああだこうだとミシェルのことを決めつけません。

「一緒に暮らしている飼い主さんが一番そのコのことを知っています。」
「教科書通りには決して進みませんし、
そのコに合った方法を見つけてあげる大切さを実感しております。」
獣医さんの言葉です。

日々、犬の問題行動に悩む飼い主の話を聞き、治療をしている獣医さん。
素晴らしい専門家だな、と心から思います。
そして、口がきけない愛犬に代わって、獣医さんに状況を説明する立場である
飼い主の責任の大きさを改めて感じます。

これからも、ミシェルの通院トレはずっと続きます。
健康診断も、大問題になった「採血」もまだ先です。
時間はかかるけれど、一つずつミシェルのペースでクリアしていきたい。
ママは毎日コツコツと練習を重ねる、それだけです。

沢山の方々に感謝感謝の一日でした。

DSC01606.jpg

「診察台にも乗ったんだよ!」byミシェル

第2回通院トレ

みなさま、GWいかがお過ごしでしょか。
パパは暦通り、ママはもりもり小遣い稼ぎに精を出すGWです。
お楽しみもたっくさんあるけどね(^_-)-☆

さて今日は、パパが休みをとって、
我が家の一大イベント”通院トレ”の第2回目に行ってきました。

通院トレではミシェルの状態に合わせてあれこれ練習するのですが、
本日のでっかい目標は、
「ワクチン接種の想定したトレーニング」です。

そんな訳で自宅では、パパが獣医役になりちょこちょこ練習(^_^;)

DSC01315.jpg

そして迎えた本番。
今回も大成功~\(^o^)/あぁ、良かった。
獣医さんの足のそばを吠えずにクルクル歩いたり、
緊張はしていますが、診察室で過ごすこともできました。

そうそう、前回は診察室のドアは開けっ放しだったけど、
今回は閉めてみました。

獣医さんが「”系統的”に脱感作してください」とか「スモールステップで」
と仰っていたけど、こういう事なんだよね…。

前回だって、診察室のドアは閉められそうだったんです。
でも、そこで閉めないからこそ、今回ミシェルはドア自体が気にもならない。
「閉じ込められるかも?!」という思考に至らない。

ちっちゃな違いや変化をイチイチ気にするミシェルに対して、こんな風に
事細かに指導してくださる獣医さんに感謝感謝です<(_ _)>
いつも本当に有難うございます。

DSC01595.jpg
帰宅したら、ペコ母さんから温かいプレゼントが届いてた!
いつもありがとうございます。


5月中、いよいよ本番!狂犬病予防接種にのぞみます。
ママはまた心臓が飛び出しそうだろうけど(-_-;)
しっかり保定をしてちゃちゃっと注射が終わるように、と思ってます。
予防接種にむけて、家であれこれ準備していくこともあります。
一つずつこなしていかなきゃ。

ミシェルは病院で緊張はしてますが、ガタブルになることも、
キャーンキャーンと泣きまくることも吠えまくることもなく過ごしています。
まだ治療は一回もしていませんが。
それでも、ここは”病院”だなんてとっくに気が付いているハズなのに、
自分の足で歩いて、病院の玄関に向かっています。
これだけでもママには信じられない…。

嬉しそうに♪獣医さんの後を追いかけていくミシェルの姿を見て、
ママはなんだか夢のようです。
ミシェルに起こり始めたたくさんの良い変化、しっかりサポートできるように
これからもコツコツ頑張っていきたいと思ってます。

あぁぁ、ママはやっぱり緊張した(-。-)y-゜゜゜
プシューっと一杯~。

通院トレをスタート!

ワンちゃんにとって、春は通院の季節。
フィラリア血液検査、狂犬病ワクチン、健康診断と何かと通院が多い時期です。
我が家の娘も…
そう、ミシェルにとって大問題の通院です(>_<)

採血と目の診察をきっかけに、病院が大・大・大っ嫌いになってしまったミシェル。
本日、ついに「通院トレ」を開始!実際に病院へ行ってきました。
ママは口から心臓が飛び出しそうでしたが…((+_+))
家を出る頃には覚悟が決まりました。

昨年の採血で嫌な思いをしてから、ミシェルは病院へ続く道へ
決して寄り付かなくなりました。
そして年末の目の診察では、診察室に入っただけでパニックを起こし、
鎮静剤をうって診察をうけました。こんな風に、診察どころか、
ただ病院へ行くことすら厳しい状況になってしまったのです。

DSC01432.jpg

分離不安の治療のため、2月に行動科を受診した際、
この通院の問題についてもご相談していました。
生きている以上、通院を一切しない、という選択肢はない訳ですし、
春には狂犬病ワクチン、混合ワクチン、フィラリア検査が待ち受けている
ことは分かっていたからです。
その時「病院のドアまで歩いていく。次は待合室でオヤツを食べる。その次は…」
といった所謂”病院慣れトレ”は現実的ではない、と獣医さんに言われました。

まずは通院トレを始めるための下準備、すなわち
不安症状が強いので(不安障害との診断)まずは「心の安定を取り戻す取組み」
を日々行うことになりました。

たとえば、
・ミシェルが楽しい♪と感じる経験をする。(自信に繋がる)
・不安、恐怖など嫌な経験の上塗りをしない。
・刺激と環境を飼い主がコントロールする。

毎日の散歩コースまでも変更し、
犬慣れ、人慣れ、車&電車の音慣れなどなど、苦手克服練習もすべて一旦お休み。

また、blogに書ききれていませんが、、
薬の力を借りて落ち着いて受診できるように、
抗精神病薬、抗不安剤を服用してミシェルへの効果を試してきました。

ここ1ヶ月のミシェル、

・お留守番練習中に、フセてまったり寝ているようになった。
・他犬を遠くに見つけた時、吠えずに距離をとる行動が見られるようになった。
・一般道を1時間25分連続乗車ができた。
・19分の車待機が成功した。
・公園で、ママの膝の上でウトウト眠れた。
・下痢が激減、体重が増えた。
・家ではへそ天が増え、ケージで寛ぐようになった。
・眠くなると、一人で寝室のケージで寝るようになった。

といった、良い変化が見られるようになりました。

DSC01484.jpg

そこで、やっと通院の練習がはじまることになったのです。
薬は服用せずサプリだけ飲み、ペットタクシーでママと二人で出かけました。

初回の今日は…
ママや先生の予想を遥かに上回る大成功でした\(^o^)/

あぁ、良かった…。ホッとして、疲れが一気に吹き出してきたよ(-_-;)
行動科の先生のアドバイスに従って、ミシェルの反応に応じてあれこれ工夫して、
日々練習を重ね、環境を整えてきて本当に良かった。
感謝の気持ちでいっぱいです。

まだまだ通院トレは始まったばかり、これから難題が待ち構えています。
ミシェルではなく、ママの頑張りどころです。

DSC01408.jpg

ふと、こんな事を想いました。

本当に困ったときって 何か計り知れない 大きな力が働くのを感じる。
偶然とは呼べないことが 次々に起こる。
何にもないまっ平らな地面に 一筋の水が流れはじめ
いつの間にか川の流れになって 私を導いてくれる。
自分の力だけではない 眼で見ることはできない 大きな存在に力を頂いている。
こういうエネルギーを 昔の人は神と呼んだんだろう…。

支え励ましてくださる方々に、感謝でいっぱいです。
いつもありがとうございます<(_ _)>

☆今日のお留守番練習はおやすみ♪
プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR