目やにの原因

年末の大変だった目の診察。
年が明けて1月の再診は、ママのみでした。

涙液でかなり状態が改善してきていたので、獣医さんに写真を見てもらって
必要であればミシェルを連れてくる、ということにしました。

なぜ改善したか、というと原因は定かではありませんが…
怪しいのが「アロマ」でした。

10月1日から使い始めたアロマ。
10月下旬から出始めた目やに。

アロマの使用をやめてみると、どんどん目やにが改善され
2週間半でほぼ目やには出なくなりました。

DSC09878.jpg

アロマを使い出したきっかけは、ミシェルの分離不安改善のため。
あれこれ怖いものが多く、気が小さいキャパの小っちゃいミシェル。
普段の生活で少しでも緊張感をほぐし、リラックスさせたい。

犬は嗅覚が鋭い動物ですから、リラックスを条件づけるには香り=アロマ、
からアプローチしようと思ったのです。
以前アロマを試してあまり効果を実感しませんでしたが、
しっかりと条件づけることに決めて再チャレンジ。
リラックスする→アロマ、と毎日毎日条件づけしました。

犬友さんに教えてもらって、ママもアロマやハーブを調べて、
品質の良いアロマを取り寄せました。
(犬友さん、お忙しいのにお世話になりました。)

アロマが目やにの原因とは断定できませんが…。

なぜ左目だけ?という疑問が残りますが、
他の件で判明したことなのですが、ミシェルは顔の右側より左側の方が
代謝が悪いのです。

アロマは危険だ!とか、サプリなら安全!自然のものだから安心!
化学的なものは悪い!とか、そういう話ではありません。
アロマが有効なケースもたくさんあります。

ミシェルにはこのアロマは合わない可能性が高い、ただそれだけ。

ミシェルの不安や緊張感をほぐし、心穏やかに過ごせるようにと
工夫したママのせいで、ミシェルは目やにを拗らせてしまった。
加えて、
もともと苦手だった病院を大っ嫌いな病院にさせちゃった。

獣医さんに相談して、
今後の通院のために「精神安定剤」を処方してもらうことになったのです。

ですが、この精神安定剤でまた一波乱…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR