爺シッターとお留守番

先日、ママは運転免許の更新に行ってきました。
10年以上運転してないペーパーだけど。
ミシェル家から免許センターはかなり遠くて、平日昼間に警察に行くしかない。
分離不安のミシェルのために、はるばるシッターに来てもらいました…。

シッター


ママの父ですが(爆)

DSC02171.jpg

父が玄関に現れると、大興奮で喜びの舞を披露するミシェル。
犬が大の苦手(大嫌い)な父、
ミシェルの口が近づくと咬まれそうだと感じるんです。
ミシェルが激しくて、撫でようにも手が出せません(^_^;)

すると、ミシェル。
トイレトレーに走っていって、オシッコをしてみせました。
「すごいすごい!」と父。
褒められて喜ぶミシェル、すごいでしょ~♪とまた喜びの舞を披露(^_^メ)
父は当たり前のように「シュッシュはどこだ~?」とオレンジエックスを探して
トイレシートを取り替えてくれました。
(ミシェル家ではオレンジエックスをシュッシュと呼びます)

ミシェルが小さい頃、ママはミシェルと暮らせない時期がありました。
その間、毎日の散歩、ご飯の準備など世話を担当していた父。
「トイレができたら必ず褒める」という娘(ママ)の言いつけをずっと守ってくれてました。

ミシェルと父とで2時間半ほどのお留守番。
父がミシェル家に来るのに片道3時間弱かかるんだけど(-_-;)
ご飯をたべて、お茶を飲んで、帰っていきました。

DSC02170.jpg

来月に目の手術を控えている父。
自分の話はせず、ミシェルの分離不安の治療のことを熱心に聞いてくれました…。

いくつになっても頼ってばかりでごめんね、お父さん。
「犬が分離不安?!甘やかしてるうからだろう!」などと娘を非難したり、
文句を言うことも説教をすることもなく、快くお留守番を引き受けてくれてありがとうございます。
そして、大嫌いな犬であるミシェルを可愛がってくれて、本当にありがとう。

☆今日の八百屋買い物練習14分30秒♪大成功

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR