スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂犬病予防接種を終えて

連休最終日5/6、ミシェル家にとってGW最大のイベントが待ち受けていました。

ミシェルの「狂犬病予防接種」です。

小さい頃から病院は苦手だったし、待合室では震えて泣いていたけど、
予防接種はいつもジッと我慢してうけていました。

まさかまさか、病院に行くこと自体がこんなにも大事になってしまうなんて…
ママは予想してませんでした。

獣医さんや病院のスタッフの方々にご協力頂いて通院トレをし、
行動科の獣医さんの沢山のアドバイスに従って、
日常では「ミシェルが楽しい!嬉しい!」と感じる経験を積むことに
重点を置いて過ごしてきました。

たくさんの方々にお世話になり支えていただいて、
吠えまくることも、ガタブルになることもなく、無事接種を終えました。
心からお礼申し上げます。

DSC01786.jpg

帰宅後、パパがポツリと一言。
「精神安定剤を飲んであんな風になった時は、今後(通院は)どうなるのかと思ったね…」

あんな風という様子はこちら >>> 精神安定剤がもたらすリラックスとは?

診察室に入っただけでパニックになり、大騒ぎになった2013年の年末。
鎮静剤をうって診察をうけるミシェルを見て
「これから先、どうなってしまうのだろうか…」と途方にくれました。

あれから4ヶ月。
予防接種なんてパピーでもうけるものだけど、
ママはまた一山を越えた手ごたえを感じます。


行動科の獣医さんは犬のプロです。プロ中のプロ。
その獣医さんは、ママの話に耳を傾けてくださいます。
ミシェルの行動だけを見て、ああだこうだとミシェルのことを決めつけません。

「一緒に暮らしている飼い主さんが一番そのコのことを知っています。」
「教科書通りには決して進みませんし、
そのコに合った方法を見つけてあげる大切さを実感しております。」
獣医さんの言葉です。

日々、犬の問題行動に悩む飼い主の話を聞き、治療をしている獣医さん。
素晴らしい専門家だな、と心から思います。
そして、口がきけない愛犬に代わって、獣医さんに状況を説明する立場である
飼い主の責任の大きさを改めて感じます。

これからも、ミシェルの通院トレはずっと続きます。
健康診断も、大問題になった「採血」もまだ先です。
時間はかかるけれど、一つずつミシェルのペースでクリアしていきたい。
ママは毎日コツコツと練習を重ねる、それだけです。

沢山の方々に感謝感謝の一日でした。

DSC01606.jpg

「診察台にも乗ったんだよ!」byミシェル
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。