抜糸そして快復!

やっ~と秋晴れ。
青空はやっぱり気分がいい。

~今日のお散歩~
_DSC7015.jpg

手術から2週間後に抜糸しました。
口のすぐ脇も縫っているしマズルという敏感な場所なので、鎮静をかけて抜糸です。

ママがミシェルの両目を手で隠して、獣医さんがハサミでパチパチ糸を切る。
ミシェルの負担を減らすため保定は飼い主がやります。
緊張したけどうまくいってパパもママもホッとしました。

エリカラ生活もやっと終わり。

_DSC7018.jpg

退院直後は夜中1時間毎にミシェルが起きて動くので飼い主も寝不足になったり、
刺激が重なってストレスで下痢しちゃった日があったりと色々あったけれど、
生きるための手術だからね。
そんな中、嬉しかったこともあって。

今回のガン発覚で完全にお休みしていたお留守番練習。
18日振りに練習してみると、30~40分が問題なくできた!
(昨日は1時間のお留守番が完璧!)
動画を見ると、術前と同じようにケージの中でリラックスして寝ながらお留守番していました。

今まで積み上げてきたことは正しかった。
ミシェルの不安レベルは確実に下がっている。
あぁ、ほんとうに良かったなぁ、と感無量です。
行動科を受診して獣医さんにお世話になってほんとうによかったね、ミシェル。

_DSC7010.jpg

楽しそうに元気にお散歩する姿がほんとうに嬉しいな。
マズルに大きな傷はあるけれど、ミシェルは全く気にしていません。

_DSC7004.jpg

ご心配頂いた皆さま、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR