詰め物がポロリ(涙)

昨日の朝、ミシェルの歯みがきをしようとお口を見ると、
破折手術の詰め物が… な…い。
詰め物が取れちゃった(;O;)

DSC05824.jpg

急いでパパと歯科病院に電話をかけ、午後処置してもらうことになりました。
ママは午後の仕事をキャンセルし、パパは会社を早退。
1か月前に手術したばかりなのに、また全身麻酔をかけることに(;O;)

原因は、ママのせい。

骨や蹄のような硬いものは歯に悪いから与えてはいけない、と分かっているのに、
「牛皮のガム」を久々に与えてしまったんです。
(牛皮は硬いおやつじゃないよな、と判断したのはママ。ちなみに以前から食べてた牛皮オヤツでした)

ワンちゃんに、骨やひづめのような硬いものはあげてはいけません。
歯石が取れる!なんて謳い文句もありますが、歯周病を予防する効果はないし、
ミシェルのように歯が折れる可能性が高いのです。

看護師さんは、
おやつを両手でもってU字に曲がるものはあげても大丈夫。
飼い主さんの爪で押したとき、痕がつかないものは硬いからNG。

と仰いました。

もう自己嫌悪でいっぱい(>_<)

ワンちゃんは、オヤツ箱の中から勝手にオヤツを取り出し食べたりしません。
ママが「はい、どうぞ」と渡さなければ食べない。
ママのような愚かな飼い主をもつと、ミシェルが辛い思いをし、ミシェルをリスクにさらしてしまう。

バカなママ…反省、反省。
ごめんなさい、ミシェル。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR