スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日&パパの日 ~続き~

翌週は、珍しくパパが主役の「パパの日」。
誕生日のお祝いにお寿司屋さんへ行きました。
二人でお出かけとなると、心配なのは分離不安のミシェルのこと。

毎日お留守番練習を続けてきて、「お留守番できそうだ」と思ったので予約をとりました。迎えた当日、お留守番の本番3時間、まあまあの出来かな。

P1040017.jpg

動画をチェックすると、
途中、寂しくなったらしくヒーンと鼻泣きが出て、動きが多くなってしまいました。あくび、首を掻く、ペロペロというストレスサインも見える。
その後の1時間は、また動きが減ってきて、フセてうつらうつら寝はじめました。

P1040019.jpg

お留守番時間をできるだけ短時間にし、出かける際の刺激を減らすために、
パパとママは一緒に家を出ません。

パパが先に家を出て、ママは予約のぎりぎりまで自宅にいてから出発。
お寿司屋さんで合流&食事、即行パパは帰宅し、ママはお買い物を済ませてから帰宅。現地集合現地解散((+_+))
一緒におでかけ♪とは呼べないけど、我が家にとってはすごい進歩です。

玄関の鍵をカチャっと開け閉めするだけで不安でいっぱいになり、大騒ぎしてママを追いかけてきたミシェル。
なんだか夢のようだ…。

P1040020.jpg

つい昨日まで好調をだったのに、なぜかリラックスできない日が続くこともある。
「こんなに練習してるのに…ミシェルにお留守番なんて無理なんだ」と、どっと疲れを感じることもある。

そんな時は、「なぜできないの?なんで?」ではなくて
「どうすれば成功を助けられるか?」を考えるようになりました。

まずはリラックスしやすい時間帯にだけ練習したり、
着替えや外出準備の様子は見せない、外出時に一気に準備しないで分散させたり。
バッグを持つことや化粧を始めることで緊張を煽るなら、手ぶら&スッピンで外へ出たり。
雨の日の成功率が高いなら雨の日に多く練習をして、晴れた日は練習回数を減らしたり。
雷の翌日は練習をおやすみしたり。

ママはいなくなっちゃったけど、平気だった。何でもなかった。大丈夫だった。
とミシェル自身が感じられるように”手助け”できることを考える。
小さな成功をコツコツ積み重ねる。

DSC05232.jpg

ミシェルの心の病(脳の病)が、少しずつ回復してきてとっても嬉しいです。
そして、応援して見守ってくれる方々に感謝感謝です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。