スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事にGo! ~お留守番本番~

4/7(火)、ママは電車にのって仕事に行ってきました。

パパが会社を休むわけでもなく、父にミシェルの子守りをお願いするわけでもなく、
いよいよミシェルが一人でお留守番です。
ザ・本番!予定では2時間30分。

DSC04404.jpg

着替えてから、いつものように数分のお留守番練習をしてみると、
なんと「ケージから出して!」と言われました。
通常このタイミングで「出して!」と言われることはありません。
雲行きが怪しい…。

いよいよ本番。
ママが玄関を出た途端、ワンワン吠え始めてしまい(>_<)
とても出かけられないので一旦帰宅。

修正を試みるも、電車の時間がせまり時間切れ。
もう出かけるしかない。

再度外に出て中の様子をうかがってみると、吠えてる…。
あぁ…(>_<)

行動科を受診する以前、↑のように吠え始めると、
悲痛な叫び声で何時間でも断続的に吠え、遠吠え、鼻泣きしてました。

吠え止む時間は多少あるけれど、ヒンヒン、スピスピ、アオーンと遠吠えしまくってるだろう。
電車に揺られながら、「本番はまだ早かった」と後悔、後悔、後悔後悔。

今更悔やんでも何もミシェルにしてあげられないから、1秒でも早く帰ることに専念しよう。
仕事をバンバンこなし、駅~職場や駅~自宅は走って走って帰りました。
正直、生きた心地がしなかった(:_;)

帰宅すると、迎えるミシェルはいつも通り。
顔や体に傷もなく、ちょっとだけ安心。
留守中の録音を確認すると、ママが出かける時に40秒吠え、途中鼻泣きが2回聞こえました。
(日々のお留守番練習は録画しています。)
吠えまくってなかった…。しかもミシェルが自分で吠え止んでた。
ただ、いつもよりフセている時間が短く、動く回数が多かったから、いつもよりリラックスできてない。

帰宅後、身体をママにくっつけて寝ようとするミシェル。
ミシェルの場合、これは不安のサインです。ついでに後追いも見られました。

今日の不安感がどれくらい分離不安に影響するかまだ分かりません。

8日(水)、お留守番練習はおやすみ。

そして9日(木)、30分のお留守番練習はスーパーへ買い物に出かけました。
録画をチェックすると、いつも通りウトウト寝ていました。吠えも鼻泣きもなし。
帰宅後、後追いもありません。

これなら大丈夫。
また少しずつお留守番時間を延ばしていけば、7日以前の状態に戻せるはずです。

初めての本番にしては、まずまずだと思います。
ママの緊張や焦りが伝わってしまったな、と反省((+_+))

すぐにまた仕事を入れることはできないけど、本番という高いハードルをなんとか飛び越えられた。
そして、分離不安が少しずつ改善している証。ここまできたね、ミシェル…。

お留守番=寝ている時間
ですから、ミシェルが頑張る必要なんてない。
ミシェルに頑張らせてお留守番させるのは、ママの練習プランがミスしているということ。
プランや環境、条件を見直しつつ、
「ママがいなくてちょっと寂しかったけど、でも大丈夫だった♪」とミシェルが感じる経験を、また一歩一歩積み重ねていこうと思います。

ミシェル、ありがとう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。