診察の様子 ~通院トレの成果~

先日、脚にできた腫瘍の診察を受けたミシェル。
その様子は >>> こちら

DSC03128.jpg

診察してくださったのは、男性の外科がご専門の獣医さん。
もちろんミシェルは初めましてです。
当たり前だけど、脚に触って腫瘍を診察しました。

いつもの通院トレの時と同じように、軽やかな足取りで診察室へ入りました。
男性の獣医さんの存在に、驚いた様子で立ち止まったミシェル。
自ら近づき、オヤツをもらい、「ミシェルちゃん♪」と呼ばれても吠えず。
オヤツを貰った後も吠えません。

緊張はしただろうけど、パニックもなし、診察後に下痢&嘔吐もなし!
無事に診察を受けることができました。
あぁ、本当に良かった…。

獣医さんの登場の仕方、ミシェルに対する態度や視線、診察室からの去り方、
などなど事細かに工夫をしてくださって、唸りも吠えも大騒ぎもなく終了。

ミシェル、通院トレしてきて本当に良かったね。
先生方やスタッフの方々に深く深く感謝しています。

来月の検査も、また病院スタッフの方々にお世話になりますが、
ミシェルが「ちょっと緊張したけど、意外と大丈夫だぁ」と感じられるように、
飼い主ができることを工夫して、検査に臨みたいと思っています。

☆今日のお留守番練習43分♪記録更新!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR