スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保定ナシで注射!

ミシェル、動物病院で診察して注射をしてきました。
なんと犬生初、ガッツリな保定ナシ!の注射です。

以前だったら、診察台の上でガタブルになり、パンティングして目は充血、
「もうムリ、怖い、もうヤダー」と感じたら獣医さんに歯をむき出し、
時には空咬みしたこともあるミシェルが…。
アンビリーバボー\(~o~)/

ミシェルに「動物病院は楽しい場所だよ♪」と伝える通院トレーニング、
こんな感じのことをやってます。
「Teach Your Dog to Love Vet Visits」

まず動物病院ではなく、自宅でママがクリッカーを使い練習します。
足を掴まれることも、耳や体を触られることも、楽しいこと♪スゴ~イこと♪
に仕立て上げる。
あ、ミシェルは診察でパニックをおこし動物病院大っ嫌いの恐怖症になってしまったので、
系統的脱感作によるトレーニングもやってます。

DSC02316.jpg

そういえば、上野動物園のパンダさんだって保定しないで注射や採血してたね。
第14回 ハズバンダリートレーニング[1] 2011/09/30

サイもハイエナもやってるハズバンダリートレーニング。
「Denver Zoo Behavioral Husbandry Program Supports Animal Well Being」

ミシェルもサイやハイエナ、パンダを見習って、頑張ろうね~(^_-)-☆

☆今日のお留守番練習34分♪
スポンサーサイト

第6回通院トレ~初★抱っこ~

今週、6回目の通院トレに出かけました。
ペットタクシーのドライバーさんがいつもと違う方でした。
初めまして~ではなく、お世話になるのは2回目なんだけど。

ミシェルはタクシーが右折左折すると吠えだして、
ドライバーさんが喋るとますますワンワン(:_;) あぁ…ヤバイ雰囲気↓
今日は興奮度が高いかな?ナーバスかな?と心配しました。

ワンワン吠えつつ病院に到着すると、いつもの様に入り口のドアに自分から近づいて
「ここ開けて♪」とポイントしてママを見上げました。
待合室でもいつも通り。はぁ、一安心。

DSC02376.jpg

さてさて、
獣医さんが出てくると、わぁ~と近づき「オヤツオヤツ♪」と
ヨダレをまき散らしながら追いかけていきました。
「みーちゃん、今日もヨダレが絶好調ね!!」と獣医さん(^_^;)

まずは診察台にのって、体重を測ります。
いつもの様にあれこれ練習をして。

ミシェルは獣医さんからオヤツを貰おうと診察台の上から身を乗り出し、
獣医さんの手に自分の足を乗せて食べました。
「抱っこできそうですね」とママ。
獣医さんにいつもの抱っこをやり方をお伝えして、試してみると…。
躊躇うことなく自分から獣医さんの腕にのり、抱っこされ、診察台から床へ降りました\(~o~)/
初★抱っこ、大成功!
もう嬉しいのなんのって\(^o^)/

ミシェルは、小さい頃から抱っこがあまり好きではありません。
拘束される、という感覚なのでしょうか。
抱っこできないと色々と困るので、ママが慣らしてきました。

あ、病院でパニックを起こす以前は、看護婦さんや獣医さんに問答無用で抱っこされ
処置をされたり、トリマーさんにシャンプーされたこともあります。
でも、他人に”自分から”近づいて抱っこされる、”ミシェルの意思で”身をゆだねる、
こんな事今まであっただろうか…。間違いなく初めてだよね(^_^メ)

DSC02374.jpg

人が苦手なミシェル。
犬なのに人が嫌い?!と驚かれてしまいますが、
そんなミシェルが「この人なら平気♪」「この人は好き♡」と思える経験。
それはそれは貴重で、ママにはこの上なく嬉しいことです(^O^)

今月はトレではなく、本番の診察が待っています。
通院トレを始める前より、ずっとずっ~とストレスなく診察が受けられるね。
よかったね、ミシェル。獣医さんに感謝だね♪

オーダーバッグ ~*hanaha*さん~

素敵なバッグ&巾着が、海を越えはるばる届きました。

じゃーーん!(^^)!
*hanaha*さんのバッグ♪

DSC02361.jpg

キャーーー、素敵すぎる、オシャレ~(*^。^*)

ママがおばちゃん丸出しで「ビーズとスパンコールを付けてほしいぃ!!」
とお願いしまして(^_^;) 光物を好むって、カラスと女性の特徴よね…。
カヤコさん、嫌な顔一つせず(メールでやりとりだから、嫌な顔してても見えない(@_@;))
こんな風にもできますよ♪と相談にのってくださいました。

DSC02369.jpg

そうそう、
昨年お願いした可愛いミシェル!スペシャルバッグはこちら >>> カヤコさんのミシェルバッグ♪
お陰様で、ミシェルバッグと一緒に楽しくお散歩してます。

薄紫色の巾着は、友人へのバースデイプレゼントです。
大喜びしてくれること、間違いなし!

DSC02362.jpg

そして、カヤコさんにも言ってなかったけど、実は!
バッグ&ピンクの巾着はママの誕生日プレゼントなの(^O^)
今年の誕生日は何が欲しいかな~と考えて、カヤコさんにお願いしたんです。

DSC02367.jpg

カヤコさんの優しさ溢れる素敵なバッグ。
もったいなくて使えないよぉ~。
カヤコさん、お忙しいのに本当に本当にありがとうございました<(_ _)>

☆今日のお留守番練習10分、鼻泣きゼロ!

避暑を求めて!奥日光でハイキング

暑い暑い週末になったミシェル地方。
そんな時は…

ビュ~~ンとこちらへ!

DSC02284.jpg

じゃーん、奥日光に到着\(^o^)/
日差しは眩しいですが、心地よい風が吹いています。

涼しい湯ノ湖でプチハイキングをスタート。

DSC02310.jpg

台風一過の影響か、
ママもパパも、湯ノ湖からこんなにキレイな男体山を眺めたのは初めてです。

DSC02323.jpg

DSC02292.jpg

遊歩道ですれ違う観光客のおばさんに
「まあ、ワンちゃん(ミシェル)もとっても嬉しそうに歩いてるわね!」
と言われました。

DSC02317.jpg

終始ニコニコで、ママもとっても嬉しかった。

お昼は、日光名物の湯葉をつかった湯葉牛丼。

DSC_0003_20140713192428cce.jpg

こちらも日光名物天然氷のかき氷。シロップも栃木産の柚子を使った柚子シロップ。

1405153396723.jpg

DSC02325.jpg

それから、パチャパチャ川遊びも満喫♪

DSC02334.jpg

DSC02341.jpg

避暑地はいいね。
緑が輝き、水面を渡る風は気持ちよくてとっても楽しい一日でした。

DSC02358.jpg

湖畔でまったり♪

DSC02360.jpg

さーて、また明日からがんばろう!

綱渡り

お留守番練習が難航しています…。

DSC02274.jpg

先々週、ママ不在中に雷がありました。
パパが対応をしたんだけど、ミシェルはガタブルになってしまって。
翌週、お留守番練習で鼻泣きが頻発するようになってしまい、修正を試みてきました。

で、どうにか持ち直してきたのもつかの間。
先週末、今度はママ不在時に花火(>_<) しかも連日の花火。
予想通り、今週は鼻泣きが続出…タイム短縮。
昨日、やっとこコンビニ買い物練習で鼻泣きゼロ!大成功をおさめたのだけど、
今日はスーパー買い物練習で鼻泣き三昧(:_;)
なかなか安定しません。

DSC02272.jpg
故郷のうまい!シリーズ、福岡のうまい!はうなぎだよ。

まさに綱渡り。
か細く切れそうな綱を、なんとかどうにか渡ってる…。

諦めず、焦らず、成功を積み重ねる。
分かっちゃいるけど、凹む…。

☆スーパー買い物練習24分40秒♪鼻泣きしちゃった(>_<)

ALIVEセミナー ~犬猫の人口過剰の問題~

7/6、講演会「ペットたちとわたしの物語―彼らと描いた私のあしあと―」
にいってきました。
講師は、LAで活躍されてきた西山ゆう子獣医師。

メインのお話は、「犬猫の人口過剰の問題」でした。

20年前、専門家はアメリカのシェルターで安楽死の頭数を減らすことなど不可能、
現状維持だけでも難しい課題であるとの見解を出していました。
(日本ではガスによる殺処分ですが、アメリカでは注射による安楽死が行われている。)
それが、
1980年 1700万頭
2012年  200万頭
なんと、不可能と言われていた削減を達成したのです。

安楽死頭数の削減という快挙をなし遂げた
今日に至るアメリカの取り組み、これまでの施策を教えていただきました。

行政が行った政策だけでも、
条例改正、法律制定、許可制度、義務化、などなどものすごい数です。
そして、行政と一般市民、ボランティア、獣医師、ブリーダーなど、
犬猫に関わる人々が手を携え協力し合い、
ようやく手にした結果であることがよく分かりました。

DSC02278.jpg

日本もアメリカのやり方を真似をすればいい、とは思いません。
その国その国の事情がある。
だから、ペット先進国である欧米を参考に日本は日本のやり方で
殺処分ゼロを目指して、市民が小さなことでも出来ることから一つずつやっていく。

豊かと言われるこの日本で、
1年に16万頭(H24年度)もの犬猫が、ガス室で悲痛な悲鳴をあげつつ殺されているという現実。
そこから目を背けず、ムリムリと諦めないこと、そこから全てが始まるんだと強く感じる講演会でした。
殺処分ゼロを諦めない!

人と動物が幸せに暮らす社会実現プロジェクト(環境省)
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/project/

NPO法人 地球生物会議(ALIVE)
http://www.alive-net.net/

紫陽花さんぽ

しとしとと雨がふり続くこの時期。
晴れ間を見つけてお散歩です♪

DSC_0014.jpg

紫陽花がキレイだね(*^。^*)

DSC_0015.jpg

コギは短足なので、雨が止んでもすぐにお腹はどろどろ(@_@;)
でも、ミシェルはそんなこと全く気にしてません。とっても楽しそう~。

DSC_0021.jpg

家の中でゲームばっかりしてる子が多い今の時代。
ママは娘の汚した服やハーネスををせっせと洗ってる、幸せなことね。

☆今日のお留守番練習33分♪

舎人公園でおさんぽ

下書きのままになってた(@_@;)…エイッと更新。

DSC01806.jpg

5月の週末、のんびり舎人公園へいきました。
BBQ広場は人だらけ!美味しそうな香りがプ~ンプン♪

公園は、ボール遊びやキャーキャー鬼ごっこをするお子ちゃまがいっぱいでした。
ミシェルは人が苦手ですが、人の中でも子供が苦手です。
(小さい頃、背後から子供に撫でられたことが嫌だったみたい…)
でも、パニックってなければ、ただ歩いている子供には反応しません。

走る≧大きな声をだす>バットを振る>自転車に乗っている>歩く
こんな感じかな。

ミシェルにとっては、走る=強烈な刺激、なんです。
しかも、遊んでる子供たちは縦横無尽に走り回るから、ミシェルに向かって勢いよく
走ってくるという場面があったりする(-_-;)

DSC01794.jpg

こんなミシェルですが、この日も子供に1回も吠えかからず(^O^)
ついでに、犬にも吠えてない♪
ミシェルに向かってワンワンしてる犬にも、吠え返してません。
(もちろん、ママの対応が必要)

DSC01805.jpg

2月に行動科を受診した際、全般性不安障害と診断をうけ、
「もっときめ細やかな刺激&ストレスのコントロールを徹底すること」
と言われました。
「まずはミシェルちゃんが楽しい!と感じる経験をしましょう」と。

犬も人も車の動きも、電車の音も、破裂音も賑やかな音もぜんぶ苦手、何事もにも警戒。
不憫ですが、一歩外に出るとミシェルには怖いものだらけな訳で。
吠え吠え、突進、固まる、挙動不審になるであろう環境にまずはミシェルを置かない、飼い主は環境を整える。(永遠に、ではなく、まずは。)

「刺激を避けている間に、さらにその刺激が苦手になってもっともっと吠えまくるようになったら」
ママは正直心配でした。

が…、違ったね。
行動科の先生が意図していたこと、今はよくわかります。

DSC01809.jpg

また、5月からママは応用行動分析学(ABA)のセミナーに出席しています。
ミシェルの治療について理解が深まるし、ABAについて誤解していた内容もあったし、
とても良い勉強になっています。
ABAって素晴らしい学問だなぁ、と感じます。

DSC01835.jpg

他犬と並んで歩いたり、人混みの中を歩くことはできないけれど、
この数か月でほんとうにミシェルは変わりました。

ストレス性胃腸炎で下痢をすることもなくなって、本当に嬉しい。
通院も課題だし、人が好きになった訳でもないし、まだまだ練習すること
満載なんだけど。
行動改善が着実に進み、ミシェルが柔らかい表情をしていることが増えたから、
やっぱり嬉しいなぁ(^O^)

☆今日はスーパーへ買い物練習18分10秒、鼻泣きしちゃった(>_<)

第5回通院トレ

週末、5回目の通院トレにミシェル家3人で出かけました。

駐車場に着いて車から降りると、ミシェルは匂い嗅ぎをしつつ入り口のドアへ♪
ドアをポイントして「ここ、あけて」とママを見上げました。
す、すごいね…。別人ならぬ別犬だね…。
待合室は勝手知ったる他人の家、って感じ。

今日はまた難易度をあげて、診察、採血に向けた練習です。
練習をバンバンこなし、獣医さんに「ねえねえ、オヤツちょうだい!」と
張り付いて帰ってきました。
大量のよだれのプレゼントも忘れません( ̄▽ ̄)

DSC01848.jpg

通院トレのベースは、系統的脱感作、古典的条件づけ、拮抗条件づけです。
どのようにトレを組み立て、どのような戦略で進めていくか。
刺激を調整しつつ、ミシェルがリラックスしていられる状態を
保ちながら練習をする。
それがどれだけ大切な事か、ミシェルの変化を見ればがよく分かります。

獣医さんは、コッソリだけどミシェルのことをよ~く観察されてます。
ミシェルの行動も、そして当然心の変化も見逃さない。
きめ細やかに環境を整え、さりげなーく対応する。

獣医さんの行動治療の進め方は、とっても勉強になります。
そして、雷や対犬など他の苦手なものに対して
ママがどんなアプローチをするべきか、応用もできる。

DSC01913.jpg

そうそう、今日もビックリ事件が。
診察台に乗ってオヤツをもらっていたミシェル。
獣医さんと目が合った時、(←ふつうはこの瞬間に吠える)
耳をペタッと下げて、獣医さんの口に自分の口を近づけました(@_@;)
舐めなかったけど、舐めそうだね…。
他人の口を舐めるなんて、犬生でしたことあったっけ?!
チューも時間の問題だね。唇を奪って宜しいのでしょうか(^_^;)

ママと獣医さんがお話してる間、今日もミシェルは足元でフセてました。
診察室でフセるだなんて…想像したこともなかったよ。

診察室でパニックになる危険を考えたら、鎮静剤を使わなければ診察はムリだ
と動物病院で言われ、往診だの、向精神薬だのと真面目に悩んで
困り果てていたのがウソのようです。
まだ採血はできないけど、確実に前へすすんでる…。

獣医さんや病院のスタッフの方々にご協力頂いて
こんな嬉しいビックリ事件がいっぱいの通院トレ。心から感謝感謝です<(_ _)>

ミシェル、お家であれこれ練習して、また動物病院へ行こうね!
プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。