スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診察の様子 ~通院トレの成果~

先日、脚にできた腫瘍の診察を受けたミシェル。
その様子は >>> こちら

DSC03128.jpg

診察してくださったのは、男性の外科がご専門の獣医さん。
もちろんミシェルは初めましてです。
当たり前だけど、脚に触って腫瘍を診察しました。

続きを読む

スポンサーサイト

第7回通院トレ ~マズルにタッチ♪~

8/18(月)、通院トレに動物病院へ出かけました。
今日はパパが夏休みなので、ミシェル号でビューン。

獣医さんがガラガラと診察室の扉を開け「こんにちは~、みーちゃん!」
と呼ばれると、ミシェルは耳ペタして、ママやパパを誘うようにクルリと回りつつ
診察室へ入っていきました。

DSC02670.jpg

今日の一番のビックリ事件は「行動科の獣医さんがマズルを上から触ったこと」
マズルコントロールじゃありませんよ(そんな練習は不要!)、歯科検診の練習です。
目的は歯を見ることだから、ふ~んわり触っています。
「みーちゃん、口の中ちょっと見せてね♪」って感じ。
(犬にとってマズルはとても敏感な場所だから、飼い主さんだからといって犬が嫌がってるのに力づくで掴んだりしないでくださいね。)

以前の動物病院では、顔周りに手が近づくだけで、大騒ぎで金切声をあげて叫び吠えました。
だから、ミシェルのカルテには
「顔周りは触らない」
と太ペンでデッカク書かれていたぐらいです(-_-;)

行動科の獣医さんが少しずつミシェルとスキンシップをとって、楽しく美味しく病院で過ごしながら
診察に必要なことをちょっとずつ練習してくださったから、マズルに触れるところまできた。
触られたミシェル、まったく嫌がっていません。
ありえない、目の前にいるコーギーは本物のミシェルなの?!偽物?!
あまりのスゴイ出来事にママは言葉を失ったよ…。

獣医さんの練習方法はとっても勉強になります。
古典的条件づけ、拮抗条件づけ、系統的脱感作のオンパレード。
ミシェルの嫌がることは全くしない。でも、目的の行動にちょっとずつ近づけていく、
「大丈夫だ」「何でもなかった」経験の繰り返し、「よくできたね!すごいね!」とご褒美。
決して無理をしない。

診察台の上で自分でフセて休憩しちゃったミシェル。
オヤツちょうだい!と獣医さんの足にまとわりついて、
いつもの様に獣医さんの膝に大量のヨダレの海をプレゼントして、帰ってきました。

大好きな人ができて嬉しいね、ミシェル。
また来月、先生に会いに病院へ行くのが楽しみだね!

第6回通院トレ~初★抱っこ~

今週、6回目の通院トレに出かけました。
ペットタクシーのドライバーさんがいつもと違う方でした。
初めまして~ではなく、お世話になるのは2回目なんだけど。

ミシェルはタクシーが右折左折すると吠えだして、
ドライバーさんが喋るとますますワンワン(:_;) あぁ…ヤバイ雰囲気↓
今日は興奮度が高いかな?ナーバスかな?と心配しました。

ワンワン吠えつつ病院に到着すると、いつもの様に入り口のドアに自分から近づいて
「ここ開けて♪」とポイントしてママを見上げました。
待合室でもいつも通り。はぁ、一安心。

DSC02376.jpg

さてさて、
獣医さんが出てくると、わぁ~と近づき「オヤツオヤツ♪」と
ヨダレをまき散らしながら追いかけていきました。
「みーちゃん、今日もヨダレが絶好調ね!!」と獣医さん(^_^;)

まずは診察台にのって、体重を測ります。
いつもの様にあれこれ練習をして。

ミシェルは獣医さんからオヤツを貰おうと診察台の上から身を乗り出し、
獣医さんの手に自分の足を乗せて食べました。
「抱っこできそうですね」とママ。
獣医さんにいつもの抱っこをやり方をお伝えして、試してみると…。
躊躇うことなく自分から獣医さんの腕にのり、抱っこされ、診察台から床へ降りました\(~o~)/
初★抱っこ、大成功!
もう嬉しいのなんのって\(^o^)/

ミシェルは、小さい頃から抱っこがあまり好きではありません。
拘束される、という感覚なのでしょうか。
抱っこできないと色々と困るので、ママが慣らしてきました。

あ、病院でパニックを起こす以前は、看護婦さんや獣医さんに問答無用で抱っこされ
処置をされたり、トリマーさんにシャンプーされたこともあります。
でも、他人に”自分から”近づいて抱っこされる、”ミシェルの意思で”身をゆだねる、
こんな事今まであっただろうか…。間違いなく初めてだよね(^_^メ)

DSC02374.jpg

人が苦手なミシェル。
犬なのに人が嫌い?!と驚かれてしまいますが、
そんなミシェルが「この人なら平気♪」「この人は好き♡」と思える経験。
それはそれは貴重で、ママにはこの上なく嬉しいことです(^O^)

今月はトレではなく、本番の診察が待っています。
通院トレを始める前より、ずっとずっ~とストレスなく診察が受けられるね。
よかったね、ミシェル。獣医さんに感謝だね♪

第5回通院トレ

週末、5回目の通院トレにミシェル家3人で出かけました。

駐車場に着いて車から降りると、ミシェルは匂い嗅ぎをしつつ入り口のドアへ♪
ドアをポイントして「ここ、あけて」とママを見上げました。
す、すごいね…。別人ならぬ別犬だね…。
待合室は勝手知ったる他人の家、って感じ。

今日はまた難易度をあげて、診察、採血に向けた練習です。
練習をバンバンこなし、獣医さんに「ねえねえ、オヤツちょうだい!」と
張り付いて帰ってきました。
大量のよだれのプレゼントも忘れません( ̄▽ ̄)

DSC01848.jpg

通院トレのベースは、系統的脱感作、古典的条件づけ、拮抗条件づけです。
どのようにトレを組み立て、どのような戦略で進めていくか。
刺激を調整しつつ、ミシェルがリラックスしていられる状態を
保ちながら練習をする。
それがどれだけ大切な事か、ミシェルの変化を見ればがよく分かります。

獣医さんは、コッソリだけどミシェルのことをよ~く観察されてます。
ミシェルの行動も、そして当然心の変化も見逃さない。
きめ細やかに環境を整え、さりげなーく対応する。

獣医さんの行動治療の進め方は、とっても勉強になります。
そして、雷や対犬など他の苦手なものに対して
ママがどんなアプローチをするべきか、応用もできる。

DSC01913.jpg

そうそう、今日もビックリ事件が。
診察台に乗ってオヤツをもらっていたミシェル。
獣医さんと目が合った時、(←ふつうはこの瞬間に吠える)
耳をペタッと下げて、獣医さんの口に自分の口を近づけました(@_@;)
舐めなかったけど、舐めそうだね…。
他人の口を舐めるなんて、犬生でしたことあったっけ?!
チューも時間の問題だね。唇を奪って宜しいのでしょうか(^_^;)

ママと獣医さんがお話してる間、今日もミシェルは足元でフセてました。
診察室でフセるだなんて…想像したこともなかったよ。

診察室でパニックになる危険を考えたら、鎮静剤を使わなければ診察はムリだ
と動物病院で言われ、往診だの、向精神薬だのと真面目に悩んで
困り果てていたのがウソのようです。
まだ採血はできないけど、確実に前へすすんでる…。

獣医さんや病院のスタッフの方々にご協力頂いて
こんな嬉しいビックリ事件がいっぱいの通院トレ。心から感謝感謝です<(_ _)>

ミシェル、お家であれこれ練習して、また動物病院へ行こうね!

第4回通院トレ

今週は、4回目の通院トレにいきました。
ミシェルとママと二人、ペットタクシーにのってビューン。

おおきな課題となってしまった採血にむけて、練習が始まりました。
獣医さんにアドバイスして頂いたことを自宅でコツコツ練習して。
病院での練習はなんと大成功!なんだか拍子抜け(^_^;)

DSC02138_2014053022481773e.jpg

躊躇うことなく、ガタブルにもならず、診察台にものれるようになりました。
また、診察室でママが獣医さんとお話をしている間、ミシェルは足元でフセているんです。ありえない…。信じられない…。
受付でお仕事をされている看護師さんやスタッフの方が動き回っても警戒しないし、吠えません。今回は自分から近づいていきました。

そしてママが一番驚いていること。それは、
獣医さんが現れると、嬉しそうに駆け寄るミシェルの姿が見られることです。
人も苦手で、好みがハッキリしているミシェル。
白衣を着ている人(=獣医さん=嫌なことをする人)病院という緊張する
シチュエーションにも関わらず、獣医さんのことがとっても好きなんです。

「もっとオヤツちょうだいよ~」と甘えまくって、
大量のよだれを獣医さんにまき散らして(@_@;)帰ってきました。

病院=あの獣医さんに会える場所=嬉しい場所
になりつつある。
ミシェルは8歳だよ!病院でパニックになったのに、人も苦手なのに…。
本当にすごい事です。

この通院トレ、系統的脱感作と拮抗条件づけに基づいて行動科の獣医さんが
プランを作ってくださり、行っています。
このプランが考え抜かれていてミシェルにマッチしているから、結果が出るのよね。

もちろん、ママもきちんと勉強をする。
ミシェルの好みや得意なことをママが考慮して、あれこれ考えて、
「こういう事を練習したい、やってみようと思う」と獣医さんにご相談をする。
小さな成功を積み重ねた結果、普段の生活でも良い変化が見られます。

獣医さんだけでなく、病院の看護師さんスタッフの皆さまにご協力頂いて
行っている通院トレ。皆さまに心から感謝感謝です。

採血までの道のりはまだまだ遠いですが、楽しく一歩ずつ進んでいこうと思います。

☆今日のお留守番練習19分30秒♪
プロフィール

ミシェルママ

Author:ミシェルママ
ミシェルは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク11歳の女の子。
2012年3月、それまで出来ていたお留守番が、一切できなくなってしましました。そして2014年2月、行動診療科で「分離不安」「全般性不安障害」と診断されました。ミシェルがお留守番はへっちゃらだ~♪と感じられるように、ママが毎日コツコツお留守番練習を頑張ってます!
また、犬、人、雷、破裂音などなど苦手がいっぱいの怖がりさんのミシェル。不安障害も改善すべく、楽しい経験を積み重ねて自信を育んでいます。
ついでに、2013年12月動物病院でパニックをおこし、通院自体ができなくなりました。今は獣医さんにご協力頂いて、楽しく通院トレーニングもはじめました。
分離不安も全般性不安障害も一筋縄ではいきません。壁にぶちあたってばかり…。それでもミシェルは、ママにとってかけがえのない宝物です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。